【GS】ピッピ入りグラゼルネ構築【oras】

昨シーズン(S15)の後半からGSに面白みを感じ本気で取り組んだ。S16で初心者の割りには高い勝率で勝てて構築の強さに感服した。

 

【はじめに】
GSというルールは1匹1匹のパワーが段違いなので、終わりの大地と始まりの海による無効化を除いてはほぼ後出しが出来ないルールです。
よってなるべく出し負けしない初手、死に出しから禁止伝説の展開を補佐できる一般ポケで固めたい。

以下、明らかに可笑しいみたいなこと言ってたらコメントください。

【使用構築】

たまに気分転換にピッピをドーブルに変えたりした。
いわゆるグラゼルネです。
ドーブルのパターン構築はbig6という名前で有名ですね。構成ポケの型に関しては恐らくググれば腐るほど出てきますが、自分の考えを1匹ずつツラツラ書きます。

採用順としまして、ガルグラゼルネアローの4匹が相手にして戦って、このルールで1番パワーがあると感じたためこの4匹を確定として、あとはメガレックウザ軸の構築に対して上からの殴れて両刀で高いダメを蓄積できるメガボーマンダを採用、全員の足が速いためトリル対策としてピッピを採用した。



@メガ石 陽気AS
恩返し グロP 猫騙し 不意打ち

ゼルネアスが積む機会を作る、主にゼルネオーガへの削りとして使う恩返しグロPにより放置を許さず、ミリ残りの処理のために不意打ち
もはや禁止伝説に匹敵する戦力であり、雑に扱っていい場面と丁寧に扱わなければいけない場面を見極める必要があるが、ゼルネアスで積むことのサポートがこいつの存在理由の大きな1つなのでそこに繋がるような扱い方をすることが大事。しかしトリルに対してはグロPを積極的に積むこと。

@紅色の珠 臆病CS
噴火 大地 10万 守る

そもそも物理型だと断崖は無効化されたり外したりする、またゲンシグラードンを1発で葬れない点が気に食わない。よって噴火大地守るの特殊型を採用。残りの枠はファイアローゲンシカイオーガに抜群取れる10万とした。
雷はゲンシカイオーガに対してのみ有効で、アローに電気技を撃ちたい時がそこそこあったので10万。

@珠 陽気AS
ブレバ フレドラ 追い風
+(横取りorファスガ)

主に追い風によりゲンシグラードンの噴火をサポートする。また積んだゼルネアスにも先制できるブレバ、終わりの大地と合わせてゼルネを赤ゲージまで削れてナットレイメガクチートなどを仕留めることができるフレドラまでは確定。
再戦が多いルールのため残りの1つの技は適当に日毎に決めた。横取りクロバットに対してイージーウィンが可能になり、ファスガはエルゲンに対してイージーウィンが稼げる。
個体数的に横取りの方が強く感じたので後半はずっと横取り。

@メガ石 無邪気CS
ハイボ 捨て身 追い風 守る

飾りなのでほとんど選出していない。実際にメガガルーラの方が優秀なことが殆どなので選出誘導にしか使っていない。
出したいのはオーガレック構築とミラーだがオーガレックには殆ど当たらず、ミラーに関してもじゃんけんでしかないし、ゼルネのことを考えると出し辛い。
マジシャを耐えるより不意打ちのダメを減らしたいため無邪気。

@パワフルハーブ 臆病HS
マジシャ ムンフォ ジオコン 守る

説明不要、GS最強のポケモンとにかくこいつで積み制圧する形を目指す。
グラオーガの上からジオコンを撃てる最速は切れない、Cに振っても確定数があまり変わらないためHS振り。実際に耐久振りでミリ耐えすることが多かったため大正解。

Cに60ほど振ればH252ゲンシグラードンに対してジオコンムンフォが超高乱数2発になる。好みで。

@しんかの輝石
呑気(最遅)H252 B252 D4
フレンドガード
この指 守る お先にどうぞ アンコール

HB特化することで勇敢A252振りのゲンシグラードンの断崖(ダブルダメ)を低乱数2発(18%)に抑えることができる。

トリル対策として入ってきた。手助けで隣を助けることよりアンコールで行動を制限すること、お先にどうぞで縛り関係を逆転させることを優先させた。
お先にどうぞにより縛り関係を逆転させることができ、相手の様子見の守るを促してアンコールという動きができる。

この動き、というかアンコールがまったく読まれないため強かった。
基本的にはトリル下で積んだガルゼルネをこの指で守ることが仕事となる。
フレンドガードにより味方の耐久を上げることができるが、この恩恵はゲンシグラードン対面の地面技の撃ち合いで主に発揮される。
>ドーブルより強く感じる<


@襷orメンハ
呑気(最遅)HB252振り
ムラっけorマイペース
猫騙し この指 ワイガ †ダクホ†

トリル対策なはずだが、トリル相手にすらほぼ選出しない。理由は後述。
選出しないので持ち物もどちらの特性のドーブルを使うかも気分で決める。
個人的にはメンハ持ってボルトロス相手に強気でダクホかます時が1番強く感じる。
でも外れる

ムラっけで使って後出しから猫騙し外したことあるんでもう絶対ムラっけしか使いません。


【選出と使用感】
基本的な選出。
技構成で気付いた方もいるかもしれないが、全て命中が100の技で構成されている。急所やムンフォCダウンなどの運要素は拭いきれないが技外しのストレスがない点が非常に優秀。

以下、左2匹が先発です。
使用した伝説の個体値はちょこっと妥協してます。

I.汎用性ある選出

この4匹で戦う。相手が何をするかわからないようなパーティはゼルネアスでジオコン②追い風噴火 の2つの強力な勝ち筋を目指す。
ゼルネのジオコンを展開してしまえば止まらないと見れば①を、ゲンシカイオーガがいなければ②を目指す。まぁ大抵よくわからない伝説はゼルネに弱い。
パーティパワーが基本的に段違いなので大きなミス、初見殺しをされなければ勝てるはずです。
先発はで基本的にオッケー。

相手になどトリルしそうな奴がいてもこの選出。
理由としてはこいつらは電磁波凍える風などのS操作も覚えるため、そちらのパターンの場合トリル対策に仕込んだが腐り気味になってしまい、どうしても押し負けてしまうことが多かった。そして当たるたびにトリルより電磁波などの展開が多く感じたのでピッピは選出しなくなった。
ドーブルボルトロス入りの構築に対してメンハでピンポ対策する以外に選出しなくなった。

ボルトロスに対してはメガガルーラゲンシグラードンで強引に処理した後、ゼルネアスで展開を目指す。


II.vsグラゼルネミラー

前半はアローのフレドラ+噴火でイージーウィンを狙い、後半のゼルネ展開で巻き返しを狙う。ゼルネアスに対してアローのフレドラダメージが良い感じに入るのでゼルネアスに対して隙を見せにくく、ゲンシグラードンの噴火の圧力もある。
相手にが並んでいる場合などは横取りを押すこと。
相手のドーブルが襷でないことを祈りながら噴火で処理するかスカーフであることを願ってブレバで処理する。



III.vsグラカイドータ

ドータクン入りに限りほぼ確実なトリル展開だと予想できるため、ピッピが入ってくる。ガルーラでグロP、ゼルネアスでジオコンを積んで残った方をピッピで守り、トリルが切れた時にゲンシグラードンを展開するのが理想。グラゼルネだと正直分が悪いため勝率は6割程度。
ドータクンは基本的に神秘の守りを持っているのでだとダクホという最大の武器が活かせず、ピッピの耐久の方が優秀に感じた。

戦い方として、カイオーガをガルゼルネ、グラードンをピッピグラで相手する形で頑張りましょう。


IV.vsクロバゲンガー

メガガルーラで不意打ち、ファイアローで横取り。追い風を横取りしてゲンシグラードンを展開するか、メガゲンガーを不意打ちで処理してゼルネアスを展開するか。大体勝てるはず。

メガゲンガーに身代わりとか鬼火を押されたら悲しくなる。押されたことないけど



V.vsエルゲン


この2パターンのどちらか。上の場合はメガガルーラゲンシグラードンに即変えするのが安定。断崖の剣がある以上、ゲンシカイオーガを安易には出せないはずなので噴火がかなり通る。ゲンシカイオーガを後出しされた場合、ゲンシグラードンなどの駒を切りつつ、強引にメガゲンガーを処理してゼルネアスを展開、メガガルーラの猫でエルフのアンコールをかわす展開を目指す。
メガゲンガーのめざ水は事故と割りきっていた。


VI.vsオーガレック
オーガレックは基本的にIV.かV.の組み合わせを兼ねている場合が多い。その場合上の選出を優先させて展開を防いだ方が勝率が高いのでメガボーマンダの選出はなかなか出来ない。

そうでない場合はレックウザのいる場にボーマンダを死に出し、または事前にゼルネがジオコンして制圧できるような雰囲気を他の3匹で支援しよう。

 

 

VII.vs(上の例にない)ガルゼルネ

f:id:chomoranmaaaaa:20160620151400p:imagef:id:chomoranmaaaaa:20160620151418p:imagef:id:chomoranmaaaaa:20160620151432p:imagef:id:chomoranmaaaaa:20160620151442p:image

「お前それガルゼルネを初手に出すしかこっちのパワーに勝てねぇじゃ〜んw」

というときに。相手のこの選出が手に取るようにわかる時に。

相手ガルのゼルネへの猫を守るで躱しながら相手のジオコンを下からアンコすれば終わり。気持ちはわかるがアンコされても引かない人間が多すぎる。



【使用感】

主にこいつのジオコンの太すぎる勝ち筋を追っていくのがこのルールでは1番強く感じる。よってこのポケモンを守るのが第一。
壁になるのはなどで、特にメガクチートに関しては構築単位で重く、ゲンシグラードンを合わせることに全意識を集中させること。無理に噴火ではなく大地で処理することを心掛けること。

このポケモンが強すぎてシャレにならない。ブレバによる先制削りと先制追い風が他の比にならない強い要素であり、細かい勝ち筋を多く見せてくれる。

猫騙しによるサポート、またグロPにより自らがエースとなれる点が強い。ゲンシカイオーガゼルネアスを抜けるSから強力な物理技を撃てるのがどう考えても強い。GSの一般ポケでアローに並ぶ強いポケモンであることに疑いの余地はない。

水技を無効化するのは明らかにズル。ゲンシカイオーガを無償光臨されることがある点が特殊技の難点で、そこからの潮吹きをさせないことが出来れば基本的に物理型より強いと考えている。
追い風噴火が決まれば基本的に勝てる。ゼルネというヒロイン、それを支えるゲンシグラードンというヒーロー。

【負けること】
Sの面で、最速のポケモンが多いのでいくら命中100で固めていても同速負けというアレが存在する。そこは仕方ないので割り切るしかない。
同速負けとアホプレミを除けば負け試合はだいたいがボルトロス入りまたはオーガ入り。(もしくはその両方)

ボルトロスに関しては上からの電磁波が偉すぎてどうしても痺れによる悲しみを稼がれてしまった。またゲンシグラードンを特殊型で使っている以上始まりの海の展開を後出しされると止める術がかなり厳しい。
HBベースなどの硬いオーガがいるパーティは尚更キツイので読みを通していかないと厳しく感じた。

 

あと、相手のムラっけドーブルが天才すぎるという負け方もあるがそれは仕方ない。


【結果】
2ROMで1800

サブロムで立ち回りと選出をあらかた決めて、メインロムで30-6(勝率83%)で1800に乗せることが出来た。
総合やるかもしないのでとりあえずこの辺で止めることにした。
まだGSは出来るので個体が用意できる方は是非やってみて頂きたい。

 

【おわりに】

ゼルネアス3.0m

グラードン5.0m

カイオーガ4.5m

ガルーラ2.2m

ファイアロー1.2m

ピッピ0.6m

ボーマンダ1.8m

ホエルオー14.5m

f:id:chomoranmaaaaa:20160620131341j:image

どう考えてもホエルオーが1番強そう。

というかアローとマンダが小さすぎるんだけど

 

おわり