【トリプル】リザニンフクレセ

f:id:chomoranmaaaaa:20150625111538p:image
【構築に至るまで】
リザY+ニンフだけでほぼ全ての並びに対してダメージレースで互角以上の戦いができると考えたのでここから作る。
この2匹は速いとは言えないため、十分に活かすためにトリックルームを軸においたパーティを考え、1番耐久値の高く信頼できるクレセリアを採用。
(ブルンゲルは晴れるので水技が使い辛く、ゴチルゼルの影踏みを十分に活かせる自信がなかったのもあるが、トリプルを始めた当初にクレセを上手く使えなかったことに対してのリベンジが主な採用理由。他のルーマーは耐久が足りなく思える)
ここで、クレセと相性が良く、炎の一貫性を消せ、ブレバ鳥に強い鋼枠として、晴れ下で強い全体技を撃てるヒードランも採用して4匹が決定する。
猫騙し役、威嚇役がおらず、またリザニンフの攻撃を押し付けていくためにフェイントが欲しいと考えてカポエラーを採用した。
水耐性が0なことが気になったのと、クレセやエースアタッカーを動かし辛いパーティが相手に多いだろうと考えサポートとしてモロバレルを加えて一先ず完成とした。

【個別紹介】
f:id:chomoranmaaaaa:20150626123140p:image
控えめHBベース S実数値123
火炎放射/ソラビ/めざ地/守る
ランドロスの岩雪崩耐えるやつ

いつものリザードン。パーティ全体でヒードランが重く、多くの場合入る熱風は今回ヒードランに任せめざ地を投入。今回扱うパーティは水耐性が1しかなく対抗手段として水に対する処理速度を上げるためにソラビを搭載した。
出来るだけ天候を取っていきたく受け出しする機会がわりと多いのと、ランドロスの岩雪崩耐え=陽気メガガルの捨て身耐えでもあるのでメガガルの前で強気に動かせるのは強いです。ランドは怯む。


f:id:chomoranmaaaaa:20150626123151g:image
HC 冷静 めざ地S0個体 @プレート
ハイボ/ムンフォ/めざ地/守る

守れるニンフィア。眼鏡と迷っているがカポエラーがわりと早死してしまうケースがあり撃ち分けできる必要がある場面があったためプレートで運用した。
ドランへの打点となれるめざ地か電光石火か悩んだが持っていた個体のAの個体値が死んでおり、ヒードランに対しての有効打が欲しい場面があったため、めざ地。


f:id:chomoranmaaaaa:20150626124404p:image
HBCD調整 生意気S0個体 @メンハ
キネシス/スキスワ/トリル/光の壁
・キザンの珠はたき落とす耐え
・H振りモロバレルをキネシスで確2
・余りD

このパーティの鍵。その圧倒的な耐久数値からトリルによるS操作、壁による特殊アタッカーへの余裕作り、スキスワによる滅び対策、ヒードラン対策(?)を一手に担います。
置物になってしまうケースも後出しし易いポケモン達が控えにいるので基本的に大丈夫でした。
※7/21追記
大丈夫じゃない。光の壁については使用頻度が下がってきたため他の技も検討が必要
※追記終わり


f:id:chomoranmaaaaa:20150626124439p:image
HC 冷静最遅+1個体 @珠
熱風/放射/大地/守る

トリプルでめちゃくちゃ強いポケモン。その優秀な耐性・種族値から強い全体技で相手を葬っていく。使い方は普通のヒードランと変わりありませんがトリル下の相手のモロバレルがかなり重めのため完封できる防塵ゴーグルも採用の価値があると思います。
技について、リザYやアローへの遂行速度を上げるため原始の力、ニンフィアへの遂行速度を上げるためラスカノなども候補ではありますが基本的に半減相手でも炎技でゴリ押せるのでこの技構成で困りませんでした。


f:id:chomoranmaaaaa:20150626125709p:image
HA 意地 @ラム
インファ/猫騙し/フェイント/ワイガ

技はテンプレです。特殊に対しても繰り出す場面が多々あるので、努力値振りに関してはHD慎重などでも良いと思います。このパーティではカポエラーも攻めに積極的に絡んで欲しかったためAぶっぱ。
このパーティは熱風やハイボにある程度耐性があるのであまりワイガは撃ちませんでした。先制技に強いパーティではないのでファスガでも良いかもしれません。


f:id:chomoranmaaaaa:20150626125726p:image
HB呑気 @ゴツメ
ギガドレ/キノコの胞子/怒りの粉/守る

クレセのトリルサポート・エース達の攻撃補助、トリル下での胞子制圧ととにかく強い子。メガガルーラ、アローに対してはこいつでどれだけダメージを与えられるかが鍵となる。また、トリルを貼らない(貼れない)場合はこいつでどうにかターンを凌いで再度トリルを狙うか、下から攻撃を通していく。
雨に対しても重要なカードであり、このポケモンを大事にしていかないと普通に負けるため特性は再生力一択。


【雑感】
ガルキザンに無慈悲な鉄槌を食らい、シャンデラ1匹に熱風を撃たれてるだけで負け……ダメでした。
キザンは猫持ちのカポエラーが威嚇で、ドランは上を取られているしリザードンも決して縛られにくいポケモンではないので非常に辛く、モロバレルが落ちると何もできずズルズルやられました。
シャンデラに対する有効打がほぼなく、晴れると相手の熱風が凄いことになるのでここについて改善しなければなりません。

しかし相手の中速↑のスタンに対して、クレセで上手くトリルを展開できたらわりとこっちのものです。リザードンニンフィアの範囲で相手を壊滅させましょう。
クレセリア光の壁という技の強さに驚いた。トリプルはどちらかというと特殊環境なので相手全体、特に雨などに圧倒的な余裕を持てるところが強かった。このクレセは是非とも今後も使っていきたい。

滅びとは今のところまったく当たってないので当たり次第何か書きます。たぶん勝てるとは思います。


【まとめ】
・キザンに対しての立ち回り
シャンデラに対する打点の確保
この2点は必ず改善する必要がある。

雨に対してはリザY、クレセ、バレルで上手く回れば負けることはないと思う(雨滅びは検証の必要がある)。
水の役割集中ともかなり当たったが一度も負けなかった。

※7/17追記
メガラグラージ軸の物理寄りの雨はかなり厳しかった。試合の中でクレセの置物化を防ぐこと、リザYの扱いがとても重要であると感じた。しかし立ち回りがしっかりすれば5分の戦いは可能であると感じたので不利が付くわけではないと思う。
※追記終わり

クレセの持ち物について、カゴにすればドーブルには少し強くなると思うが猫持ちのMOVEなどを上手く使う必要があると思われる。
カポエラーの枠については他の猫騙し役を検証する必要がある。

崩せる相手は大体リザY+ニンフの2匹で十分であったので、ヒードランの枠について他のポケモンを検証する必要がある。この枠は電気などの特殊に強く、繰り出し回数を稼げるポケモンである必要がある。
ニンフは眼鏡と検討する必要があるが、初手センターで出して守りたい場面が多々あった。これがなぜかも考える必要がある。マジックコートの採用も視野。

もうクレセとバレルを抜くことが考えられない?(・_・)
レート1800ぐらい